プライバシーポリシー サイトマップ

低価格での住宅のリフォーム・新築、家づくりの事は千葉県 千葉市にある【有限会社太陽工務店】にお任せ下さい!

ブログ記事

どうして鳥肌って出るの?|2019.01.17

667C3CFD-CE8C-414D-8A00-1473546895EA

 

 

最近、ふとした事が「どうしてだろう?」と気になるときがあります。
今までは「まっいっか」とやり過ごしていましたが、ちょっと調べてみる事にしました。

今回は、鳥肌について。

みなさんの中ではご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、お付き合いください。

 

まずはなぜ、「鳥肌」と言うのかというと 鶏などの毛をむしるとよくわかるのですが下に見えてくる肌がプツプツになっているんです。

鳥の肌のようだから「鳥肌」

鳥や動物は、寒かったり怖かったりすると体の筋肉をぐっと動かし毛をピンと立てる事があります。

毛を立てると、たくさんの毛と毛の間にある温まった空気が逃げず寒さから体を守れます。

また、敵に出会った時は毛を立てて体を大きく見せることで相手を驚かしているのです。

 

しかし、私たち人間は毛むくじゃらではありません。

それなのに、どうして??

実は、毛むくじゃらだったときの名残なんだそう。

寒かったり怖い思いをしたときは毛を立てようとする癖だけが残っているんですって。

今は毛はないから、肌だけがプツプツと鳥肌になってしまうんですね。

 

ちなみに関東では「鳥肌がたつ」といいますが、地域によっていろいろな言い方があるようで

関西では「さぶいぼが出る」、名古屋の方では「さむぼろが出る」というそうです。

もしかしたら、ほかにも言い方があるかもしれませんね。

 

できることなら鳥肌はあんまり出さずに過ごしたいものです。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
太陽工務店
http://www.taiyokoumuten.com/
住所 : 千葉県千葉市緑区平川町1548
TEL : 043-292-7586
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

▲トップページへ戻る


PAGE TOP